オンラインビデオツール、Wherebyのプランを比較してみた

wherebyプラン比較

前回の記事で紹介したWhereby(旧: appear.in)のプラン3つを訳してみました。

【無料・DL不要】Whereby (旧: apper.in)簡単で便利なオンラインビデオ通話サービスの使用方法を解説
リモートワークの強い味方!相手を煩わせない、無料で登録不要のURLクリックで簡単に始められる電話会議。画面シェアや同時に複数人での通話も可能。

英語公式サイトを訳してみました。(2020.04.08時点)有料プランは実際に使用していないのですが、参考までにご覧ください。

プランBusinessProFree
向き小〜中規模のチーム向け個人ビジネス向け個人使用向け
管理者数複数の管理者を設定可能管理者は一人管理者は一人
作成可能ルーム数10ルーム以上〜3ルーム1ルーム
金額$ 59.99から〜 / 月$ 9.99 / 月無料
機能同時に50人までルームに入れる同時に12人までルームに入れる同時に4人までルームに入れる
12人まで話す側になれる、その他の人は聞くのみ
ドメインがカスタムできる。会社名.whereby.com という名前にできる。自分の好きなURLリンクが作れる。whereby.com/好きな名前自分の好きなURLリンクが作れる。whereby.com/好きな名前
パソコン&モバイルからのアクセスが可能パソコン&モバイルからのアクセスが可能パソコン&モバイルからのアクセスが可能
画面シェア画面シェア画面シェア
セキュリティのある会話が可能セキュリティのある会話が可能セキュリティのある会話が可能
ルームをロックする機能。(入室するのに管理者承認制にできる)ルームをロックする機能。(入室するのに管理者承認制にできる)ルームをロックする機能。(入室するのに管理者承認制にできる)
YouTube インテグレーション(みんなで見れる機能?らしい)YouTube インテグレーション(みんなで見れる機能?らしい)YouTube インテグレーション(みんなで見れる機能?らしい)
ルームに会社のロゴを入れたり、壁紙を変えられる。ルームに会社のロゴを入れたり、壁紙を変えられる。
録音・録画ができる録音・録画ができる(追加で5ドル)
録音・録画したデータをダウンロードして、他の人にシェアできる。録音・録画したデータをダウンロードして、他の人にシェアできる。
プレミアムサポート。(英語でしょうが)プレミアムサポート。
プレミアム画面シェアプレミアム画面シェア
話している人、画面シェアしてる人の画面を自動で大画面表示に。話している人、画面シェアしてる人の画面を自動で大画面表示に。
Trello、Google Drive & YouTube とのインテグレーション。(ルーム内で作業ができるように、TrelloのボードやYouTube videos、Google Driveを開くことができる。)Trello、Google Drive & YouTube とのインテグレーション。(ルーム内で作業ができるように、TrelloのボードやYouTube videos、Google Driveを開くことができる。)
複数のユーザー・管理者を持てる。
すべてのユーザーが個人のルームを持つことができ、チームのルームも作成可能。
カレンダー機能。(外部カレンダーと連携?)

 

Wherebyは北欧の企業なので今後のサービスや製品の質の向上も期待できそうです。今でも十分満足してますが。

あえていうなら、スカイプなどと違い、アプリを開いた時に前回のチャットがあるような作りじゃないので、毎回相手(お客さんなど)にURLを共有するのを忘れないようにしないと、どのURLだったかわからなくなってしまうことです。
ミーティングを招待する時に欠かさず毎度送るか、ブックマークしておいてなど運用方針を決めておくといいですね。

 

【個人的なメモ】

ブログでテーブルの票を作るためにexcelからhtmlに変換するツール

Excel to Table | Excel表からHTMLテーブルへ一発変換 | すぐに使える便利なWEBツール | Tech-Unlimited
Excel表からHTMLテーブルへ一発変換。

コメント