Dr.Stoneの千空から見る現代の生き抜き方のヒントとリーダーの資質

久々に流行りの漫画を読んでハマったのでレビューします。アニメ化もしてるめっちゃメジャーなジャンプのDr.STONEという漫画です。

Dr.STONEとは?
週刊少年ジャンプで2017年から連載中のSFサバイバル漫画です。原作者はアイシールド21の稲垣理一郎さん!(アイシールドは読んだことないけど)と、作画は韓国人のBoichiさん。

現代の全人類が謎の光で全員石化され、約3700年後の原始の世界で冒険が繰り広げられます。最初に目覚めた科学オタクの主人公、高校生の千空。石化の謎を解明しながら仲間を増やし、科学の力を使って、モノや文明を作り出していきます。
アニメは2019年の7月〜12月に一期、2021年の1月〜3月。

読んですぐに感じたのが、「めっちゃ今っぽい!!」それをひしひし感じるのが、まずセリフで使われる用語。「ワンチャン」とか「詰む」とかしょっちゅう出てくるし、メインキャラの1人ゲンの職業が「メンタリスト」で言葉の駆け引き上手で洞察力に優れたキャラであったり。

そんなDr.STONEを読んで、自分の仕事や個人の生き方のヒントになるなぁと感心することがたくさんあったので、特に参考になった点を挙げてみます。

ロードマップを引いて目標を達成する

病気を治すための「抗生物質」、敵に技術で勝つための「携帯電話」、航海するための「機帆船」など、とんでもないものを原始の世界で作り上げていくために、図で毎回ロードマップが描かれます。プラスチックなどの素材作りを粉や液体から全て1から作ります。

大きいゴールでもちゃんと計画的に一つずつこなしていけば目標に達することができると教えてくれます。闇雲にガッツで頑張るんじゃなくて、頭使って計画的にやるの大事。大抵のことはこれで実現する・・!

トライ&エラー

千空がセリフの中でも「科学はトライ&エラーだ」とよく言ってます。

これって今流行りのマーケティングやスタートアップの仕事環境とすごい似てると思います。これからの仕事は技術もどんどん入ってきて、試しながらやっていくのがメジャーになってくると思うのでこのトライ&エラーの精神大事!

リーダーの資質

いつの間にか仲間がどんどん増えて、しかも信頼されてる千空。上司やチームリーダーに欲しい要素が盛り沢山です。

相手の欲しがるものを考える

新しい人を仲間に取り入れようとする時、相手が喜びもの、のどから手が出るほど欲しいと思うものを(ゲスい顔して)与えます。

ゲンが信頼できる仲間になったのも、炭酸作るついでにコーラを作ってあげたからですよね。

これって他の会社と交渉する時や協同で何かコラボする時に基本的だけど難しい大事な視点。自分がやってもらいことばかりを押し付けるのではなくて、何をしてあげたら相手の利点になるのか考えること。

まず最初に与える

上のコーラとも被りますが、基本的には飴をあげてから労働させるパターンが多いです。

象徴的なのが、石神村の住人を労働力として使うために与えた猫じゃらしラーメン。今までこんな料理食べたことないと感動した住人が心を開き、気づいたらめっちゃ開発手伝ってます。

あと、スイカが貢献したときに「頑張ったやつには褒美をやらないと腐る」的なことを言っていました。高校生が熟年の大人みたいなこと言ってる。

これは企業内のことに当てはまると思っていて、例えばいい職場環境を整えてから仕事してもらうなど。新しい会社だと朝食やランチまでついてますよね。成果が出てから与えるより、最初に与えてモチベーションを上げる方が現代的だと思います。

やり抜く力

自分でビジネスしてる人やスタートアップなどでも聞く「やり抜く力」。先述したロードマップも大事なんだけど、根気強く、責任感を持って最後までちゃんとやり切れることが成功につながる。

千空は長いロードマップを作って、研究から体力勝負、命がかかるような場面まで苦しくても「やり切って」ますよね。

一度だけロードマップで詰んでた脳みそが止まった、もうダメだ状態になってましたが、その時も最終的にはやり遂げてました。

信頼して頼る

リーダーや上になるほど難しいこの能力。

千空は人の得意分野を理解して割り振るのも上手いですが、相手を信頼してそのことについては完全に任せきりにします。昔から知ってる大樹だけでなく、新キャラでも任せます。

任されると任せてくれた相手への信頼度が上がったり、責任を持って頑張ろうと思えますよね。

1人でできることには限りがあるので、大きい目標を達成するには欠かせない能力と言えます。

夢中になることの強さ

科学大好きで頭の中そればかりの千空は、「天才は努力家に天才は努力する者に勝てず、努力する者は楽しむ者に勝てない」という言葉が体現されたキャラクターだと思います。

自分が好きなことをやって生計を成り立たせている人も多い現代で、楽しく生きていくヒントにもなっているようにも感じます。

まとめ

現代社会で役たつ大切な考え方や姿勢がたくさん詰まったDr.Stone。科学知識的にもいまの子供達がこれを学生時代に読めるのが羨ましい。これ読んだら科学の授業楽しくなりそう。

あっとういう間に一気読みしたのですが、最初は絶対に好きにならないと思った白菜のような頭の主人公をめっちゃかっこいいと思うようになりました笑

体力がないキャラだけど、科学のためなら肉体労働も必死に頑張ってるシーンや、効率優先でゲスいこともするブレない自分の軸をもったまっすぐさも魅力です。

コメント