編集可能!無料でかわいいコロナ対策ポスターを作る方法。英語版もあり

いつもブログのアイキャッチはオンラインのツールを使って5分ほどでさっさと作っているのですが、そのツールで便利そうなコロナポスターテンプレートをたくさん見つけたので紹介します。

ツールの名前はCanvaです。海外のツールですが、徐々に日本語フォントも増えてどんどん使いやすくなってきています。基本的にテンプレートを使って、文字や一部イラストを変えてそのまま使えるのでかなり時短になります。

デザインは「読ませる」「理解させる」ためにすごく重要だし、少しの余白やサイズの強弱で全然印象や読みやすさが変わります。それがすでに豊富に用意されてるのがこのツールなんですね。

Canvaの登録はGmailやFacebookで簡単に進められます。

以前にもCanvaのことは書いていたので操作については下記をご覧ください。

この記事では、コロナ対策のポスターをメインに紹介していきます。

豊富な種類で目的に合ったテンプレートが見つかる

トップページからA4のテンプレートを選択→「コロナ」で検索をかけるとたくさんのデザインが出てきます。

手洗いの基本ポスターもそのまま使えそうです。

好きなデザインを選んで、テキストをクリックすると自分の好きな文章に変更できます。あまりこだわりや細かい会社ルールがなければほぼそのままで少しいじるだけでOKだと思います。

子供向けにもぴったりのかわいい動物イラスト付き

小学校やお子さんが来るような歯医者さんや病院、または家庭でも使えそうな可愛いイラスト付きの子供向けのコロナ対策ポスターもありました!

こちらのデザイン、6種類のパターンがありました!

こちらのデザイン含む一部のデザインはテキストの編集ができないものもあるようです。その場合は、「ページの追加」を押して、同じ色の背景を選び、イラストはオリジナルのデザインからコピペで簡単に同じようなポスターを作ることもできます。

外国人への対応にも○

元々海外の会社のツールなので日本語版のデザインと全く同じデザインの英語版も見つけることができました。

下記が英語版です。

惜しい点

イラストが海外よりなので、日本人に馴染みがなさそうな印象を受ける可能性があります。使う場所によっては、デザインをいらすと屋のような日本らしいイラストに変えた方が見てもらえやすいかもしれません。

通常の無料デザインだとテキストの編集ができないことは今までなかったのですが、コロナは監修など入っているのかテキスト編集不可のデザインがいくつかありました。

まとめ

今回はコロナのポスターを紹介しましたが、自分でゼロから作るより早く、デザイン性のあるポスターが作れるので忙しい業務の合間で何かと助かります。

無料版でもかなり活用できますが、Pro版だと200万以上の写真も使えるので他サイトからダウンロードしてアップする手間も省けますし、イラストもかなり多く使えるようになるので、Adobeのイラストレーターを買って自分で描く手間や費用を考えたらかなり割安だと思います。(現在月々1,500円で5名まで使えるようです!)

30日間のPro版無料トライアルもあるので色々試してみてはどうでしょうか。
Canva 公式サイト

コメント