サンバの本場、ブラジルのリオデジャネイロでサンバレッスンに参加しました

ブラジル サンバ リオデジャネイロ

ブラジルといえば、サッカーやキリスト像、コーヒー豆、日系コミュニティなど浮かびますが、なんと言っても外せないのが、カーニバルとサンバです!

今回リモートワーク先にブラジルを選んだ理由の一つは「本場ブラジルでサンバを習ってみたい」でした。

しかし、日本から英語で検索するも、みるからに観光客向けのサンバスクールや、フィットネス施設のサンバレッスンのみ。
こちらの記事では、私がどのように本場のレッスンを習うまでこぎつけたのか含めて、私がわかる範囲でリオデジャネイロのサンバレッスン情報をお伝えします。

観光客向けのRio Samba Dancerに参加

リオに来てから3週間、なかなか思い描くレッスンに出会えず帰国までの日数も迫る中焦りを感じ、とりあえず日本から調べることができた観光客向けのスクールでレッスン+ナイトツアーに参加しました。

Rio Samba Dancer
https://www.riosambadancer.com/

まずはサイトで支払い&予約。予約後に送られてきた自動返信メールに「場所の詳細を追ってメールで連絡します」とあったのですがいつまでも来ないのでwhatappで問い合わせました。
サイトで予約した19時ではなく、18時に来いと言われました笑

場所も複数箇所スタジオがあるそうです。
言われた住所にくるも入り口が閉まっていて開かないなどあり遅刻してクラスへ。(ベルを鳴らして建物に入らないといけなかった)
遅れたのですが、他の生徒も誰もきてないというので、15分遅れでプライベートになったレッスンがスタート。

結果として、ここの先生にサンバステップの基本、リズムの取り方を英語で教えてもらえていたのがかなり助かりました。
初心者さんにはめちゃめちゃおすすめです。
1レッスン 20USD、レッスン+ナイトツアーだとシステム手数料込みで47.98USDでした。

ただ、私が受けたBruno先生はこのRio Samba Dancerのオーナーの友達で今回はヘルプで来ていた人で、しかも2022年の夏にイタリアへ移住してしまいます。

NOXIダンススタジオで個別レッスン

サンバステップのレッスンを受ける前に、とりあえず近所のダンススタジオ行けばサンバ受けられるだろうと思って行ったスタジオです。
1ヶ月下記のレッスン受け放題で150レアル(約3,000円)。めちゃ安いので速攻で申し込みました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NOXI – Centro de Dança(@dance.noxi)がシェアした投稿

この時はろくに理解していなかったのですが、
私の知る限り、サンバには大きく分けて2つの種類があります。

・Samba de gafieira (ペアで踊るサンバ)
・Samba no pé(いわゆる日本人がイメージする一人で踊るサンバ)

この月額のクラスでは、ペアのサンバクラスしかなかったのです・・!

ペアもいいかなと思い、ペアのサンバクラスを受けたり、ブラジリアンズークやフォホを受けて最初の1,2週間は楽しんでいました。
しかし、ピッタリくっつくダンスが多いのと、ステップ自体は簡単だけど言ってることがわからず(私がポル語できないせい)説明している基本の体重移動や体の動かし方が理解できず、あまり学べることが少ないなと疲れてきてしまいました。

その中で、個人レッスンしたかったらプライベートできるからね、と言ってくれた先生がいたので、その先生のSamba no péをお願いしました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harlan Almeida(@harlan.almeida)がシェアした投稿

このクラスでは、サンバステップのバリエーションを学べて、後述のワークショップで活きてきたので受けてよかったです。
ただ、私的には全然満足していない自分の姿勢や足と手の動きなど「もう知ってるんだね!」と言われて全然アドバイスや矯正してもらえなかったので、リピートは厳しいかな。
普段Samba no péをメインに教えている先生ではないので、仕方ないかなと思います。

語学学校のサンバクラスに参加!

イパネマにある、外国人向けの語学学校内に無料のサンバレッスンがあったのでそちらに参加してみました。

https://caminhoslanguages.com/activities/samba-classes/
無料と書かれているのですが、語学学校の生徒じゃない人は30レアル(600円でした)それでも安い!
そしてなんとここの先生が、Rio Samba Dancerで習ったBruno先生でした笑

私が1回目じゃないので、初回の子とちょっと違う指導もしてくれてまた一つ勉強になってよかったです。

Caminhos Language Centre

こちらでは、カーニバルの時期に生徒を集めて参加させてあげたりするイベントもしているらしいので、カーニバルに参加したい人は一番お手軽かもしれません。
サンバやダンス経験ない人も、Rio Samba Dancerより安いのでおすすめかも。ただ語学学校の教室で踊るので鏡はありません。

どうやったら私がイメージしているサンバのレッスンが学べるのか・・英語で調べてもダメだと気づき、ポル語で調べるもなかなか情報がうまく見つけられない。行き詰まっていたところに希望の光が!

Twitterでそんなことを呟いていた時に、サンバ情報を発信している 観月さん (@MashowMizuki )
からアドバイスが!

なるほど・・!こういった情報もインスタで得る時代なのか。
ここで教えてもらった先生を頼りにリオのダンサーたち、またサンバの有名な学校の情報をまたまた観月さんのnoteで勉強。

現地発リオのカーニバル2022年まとめ|観月@リオデジャネイロ|note
テーマ性のあるサンバ・パレードが見どころ。 どんなテーマ?ざっくりまとめをどうぞ! リオのカーニバルを現地で観ると どんな感じかわかるようになっているので 2023年ブラジル渡航を検討中の方にもおすすめです。 1/22 追記①: リオのカーニバル延期 2月末→4月末 2/4 追記②: 2月末「開会式」のサンバパレー...

この強豪12チームの中で、リオの中心から比較的近くにあるのは下記の3校というのがわかりました。

・Mangueira
・Salgueiro
・Vila Izabel

せっかくなら初心者だけど、有名な先生に習ってみよう!と
とりあえずスクールに直接いきました笑

そこで作業しているおじさんにパシスタの名前とインスタを聞いて、インスタに載っているwhatappでやりとりをスタート。

しかしなかなか、場所、金額、曜日、時間の全ての情報が揃わない泣
何度も聞き返してたら、この先生は今固定のグループクラスを持っていなくて、プライベートのみということでした。
そこで痺れを切らして、上記の観光客向けや語学学校のレッスンに参加していました。

有名インストラクター達による夢のサンバワークショップに参加

教えてもらったインスタで情報を得る技を頼りに、気になる先生や学校をフォローしまくってました。
そこでワークショップの案内を発見!

 

この投稿をInstagramで見る

 

G.R.E.S. Estácio de Sá(@gresestacio)がシェアした投稿

スタート時間と場所はわかりますが、金額と終了時間は不明です笑

実際に行ってみたら、70レアル(1400円ほど)で、こちらの人にとっては高額です。その分真剣に習ってる子が多く生徒もレベル高かった。パシスタになるためにアイルランドから来たダンサーから、完全初心者の人も数人いました。初心者の人たちは、後半の中級・上級クラスは参加せず見学していました。

所要時間は、1時間x 4コマで、4時間でした。9時に行ったら3人しかおらず、朝ごはん付きだったのパンとジュースもらいました笑。

9時半頃にスタートして、終わりは13時過ぎでした。

内容もイントラも素晴らしいレッスンだったので、日本だったら1万円以上はしそうなレベルのワークショップだと感じました。

場所 G.R.E.S. Estácio de Sá

こちらの学校のインスタグラム
https://www.instagram.com/gresestacio/

こちらの学校のパシスタのインスタグラム
https://www.instagram.com/passistasestaciodesa_ofc/

初級でも難易度高めの「初級クラス」

イントラ:Raiane Gomes

 

この投稿をInstagramで見る

 

Raiane Gomes 🦁(@anegomes_ofc)がシェアした投稿

腰の動かし方やリズムのとり方、サンバの基本ステップを習いました。
初級クラスですが、サンバの経験が0の人はこれでもついていくのは難しいと思います。

サンバの強豪校、SalguieroのPassista(パシスタ)の「中級クラス」

イントラ:MárcioMárcio

 

この投稿をInstagramで見る

 

Márcio Dellawegah(@mdellawegah)がシェアした投稿

こちらのクラスは、サンバの基本ステップはできること前提で、振り付けメインのクラスでした。

直々の足先が跳ねていることを指摘してもらい、それはしなくていいんだよ、と言われてました。
また、ポルトガル語わかる?と気にかけてくれました。

有名パシスタによる、スパルタの「上級クラス」

パシスタ達のディレクターを務める大本命のガブリエル先生のレッスン


最初にサンバステップの連続ばかりで超スパルタの前半。サンバステップを正面で2×8、左に移動しながら1×8、右に移動しながら1×8、前に1×8、後ろに1×8、右向き、後ろ、左向き、正面、今度は逆回りでそのまま左、後ろ、右、正面。とひたすらサンバステップ。

その後はペアになって、一人が止まったままもう一人が相手の周りをサンバステップしながら移動。
最初は、相手をみながら(内向き)、次は相手に背をむけ続けて(外向き)、最後に正面を向いたまま一周。

3時間目のレッスンで靴下で参加していた私の足はかなり厳しい状態に。

その後振り付け。ステップが早くてついていけているのは数人だけでした。

カーニバルのウォーキングしながら踊るクラス

こちらのクラスは、ヒールダンス、バーレスク、JAZZ FUNKと似ている要素がかなりたくさんありました。
イントラ:Kelly

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kellyn Rosa(@kellynrosa)がシェアした投稿


2種類のウォーキングから前に進んでいき、振り付けを踊り、サンバステップへと入っていきます。

こちらの先生、英語もできるみたいなのとレディースのスタイルが美しいので、次回リオにくるときはこちらの先生にプライベートレッスンお願いしたいかもしれない笑

(2022.2.1 追記)インスタで繋がって、2/1に早速個人レッスン受けることができました〜!

 

このワークショップに参加する前にガブリエルにプライベートお願いってやりとりをGoogle翻訳使ってやっていたのですが、今日コミュニケーションとるのが結構難しいことに気づきました汗

やっぱり言葉がわからないと理解度がだいぶ落ちてしまうので・・。

でも途中離脱した初心者達に、はじで基本を教えている姿を見たのですが、教えるのすごく上手そうでした。

今回のワークショップが楽しすぎてカーニバルも延期したし、滞在延長したくなってきた・・。または帰国してからまた帰ってくるか、来年か。

サンバを習いたい人向け情報(経験者向け)

未経験の方、観光の一貫としてちょっと習ってみたい方は、上記の語学学校か、Rio Samba School、またはSamba fitも友人がおすすめと言っていたのでそちらで受けることをお勧めします。

2022.2月時点の情報です。

G.R.E.S. Estácio de Sá

  • 毎週月曜  19時〜20時
  • 毎週土曜 9時〜10時

に初級クラスを教えていたRaiane先生、または同じく当日ワークショップのオーガナイズをしていた、Bruno先生が無料でサンバレッスンをしています。

一度参加しましたが、私には基本ステップから教えてくれたりとレベルに合わせた指導をしてくれて感動しました。無料でここまでしてくれるなんて。そしてチームメイトもいる状況なので、もうここだけで満足かもしれないと思いました笑

↓Bruno先生

SalgueiroのディレクターCarlinhoさん指導のプロジェクトsamba no pé

場所:Salgueiroのクアドロ

  • 毎週火曜 19時〜
  • 毎週木曜 19時〜

このような感じで、インスタで検索したり、ワークショップから情報を得ることができることがわかりました!

コメント